語学力を身につける

英語力があれば世界で活躍できます。今はオンライン英会話などがあるので自宅で簡単に英語を勉強できます。

Latest Posts

オンライン英会話の準備

オンライン英会話は、気軽に自宅で受講できる非常に便利な英会話レッスンです。
申込みも払い込みも、授業と同様、インターネット上からできますから、家に居ながらにしてすぐに授業を受けることができるというわけです。

これは、教室に行って入会手続きをして、予約の電話をかけて、規定の時間にそこまで行かなくてはいけない通常の英会話教室と比べると非常にラクチンですよね。

そんなオンライン英会話ですが、まったくなんの準備もせずにいますぐ受講できる、というわけではありません。
まず、どこのオンライン英会話を利用するのかを決めて、入会手続きをする必要があります。

英会話の先生
実践英会話を学べる「産経オンライン英会話」

しかし、これはパソコン上からできますから、大した手間ではないでしょう。
次に、オンラインで英会話を学ぶためのソフトをインストールします。
多くのオンライン英会話では、スカイプが利用されています。

スカイプは、インターネット回線を使って無料で電話ができるシステムなんです。
このスカイプをもともと利用していて、パソコンにもインストールされているという人は良いですが、そうでない場合は、新たにアカウントを取得して使えるようにしなくてはなりません。

これもパソコン上でできる手続きですが、あまりパソコンに詳しくない人にとっては少しハードルが高いかもしれませんね。
けれど、オンライン英会話のサイトにも、スカイプの使い方やインストールの仕方を詳しく写真付きで説明してありますから、そういうものを参考にしてチャレンジしてみてください。

最後に、スカイプで話をするためのヘッドセットが必要になります。
相手の声を聞くためのスピーカーと、こちらの声を伝えるためのマイクですね。
これらは家電量販店でももちろん買えますし、オンライン英会話のHPで販売している場合もあります。

多くの場合、イヤホンやヘッドホンとマイクが一体になっているようなもので、これを買えばオンライン英会話ではもちろん、普段の友達とのスカイプ会話でも役立ちます。
それほど高いものではありませんから、ちょっと試してみたい、という程度の人でも気軽に買うことができます。

さて、ここまで準備できたら、あとはオンライン英会話でどんどん新しい講師と会話を弾ませて英語力を高めていくだけです。
多くのオンライン英会話ではマンツーマンで会話ができますから、物おじせずにどんどん喋るようにしましょう。
例え間違っていても、単語の羅列でも、まず声を出すところから、オンライン英会話はスタートするのです。

被災地の子どもたちへランドセルの贈り物

ランドセルメーカーである協和の復興支援として、被災地の子どもたちにランドセルの無償提供を6年間に渡って行われています。
今現在も、東日本大震災の被災地ではさまざまな状況の中、被災者のみなさまは1日1日をすごされています。

震災で職を失った方々も、年々仕事も復活し、安定した生活ができるようになり、そうやく支援の必要がなくなった方々もいらっしゃる一方で、社会復帰できずに、まだまだ苦しい思いをされている方々も少なくありません。

支援活動”がんばれ!被災地のこどもたち!!みんなでランドセルを贈ろう!”は、今年で4年目になります。
小学校入学を控えている、ランドセルが必要なお子さんに、無償で支援されるといった内容の活動です。

小学校に入学する災害孤児、または、生活困難や生活保護を受けられている家庭の子どもたちに、新品のランドセルが贈られます。

震災当時にはもう在学中で、ランドセルの支援を受けた子どもたちで、破損してしまって、使用できない状態になってしまった場合は、きれいに再生されたランドセルが贈られます。

ランドセル支援のお申し出に関しましては、在住の役場か入学予定の小学校にお問い合わせください。
被災地の子どもたちに対する支援を行っているさまざまな団体との連携により、適切な支援を目指されています。

なお、以前行われていた、卒業して使わなくなったランドセルの提供の受付はもう終了しています。
ランドセル支援活動の募金に関しましては、今でも行われていますので、協力していきたいですね。

全国から集められた募金はランドセルを被災地に送る際に必要となる費用に使われます。
ランドセルメーカー協和では復興支援活動”がんばれ!被災地のこどもたち!!みんなでランドセルを贈ろう!”を東日本大震災が起こった2011年に生まれた子どもたちが、入学する年まで支援し続けられます。

今年2014年の支援状況としては、宮城県 東松島市に139個、亘理郡に10個、仙台市に2個、大崎市に1個、福島県 いわき市に241個、双葉郡に21個、須賀川市に1個、岩手県 盛岡市に1個、山形県 天童市に1個、新潟県 新潟市に5個、東京都 新宿区に1個、東京都 武蔵野市に3個 合計426個のランドセルが各地域に贈られました。

これからも被災地でランドセルの支援が必要とされる子どもたちが、ランドセルを背負って楽しい小学校生活をおくれますように、この復興支援活動は続いていくことでしょう。

 

トピックス
鞄工房山本のランドセル特集2016
被災地の児童に向けたランドセル支援をご紹介します。

設立代行会社について

香港で会社設立する際に非常に力強いサポートをしてくれるのが、設立代行業者です。
日本からの会社進出が増えている中、こういった代行業者の需要がどんどん上がり、質の高い業者が増えてきています。

そこでオススメの代行業者を少し紹介したいと思います。
CCM香港」は香港での法人やオフショア法人の設立に関するサポートやサービスを展開している会社です。
最大の魅力は業界では最安値というコスト削減効果です。

強力なサポート体制ができていて信頼できる会社でもあります。
代行を依頼するとお得な値段だけではなく、非常に魅力的な特典もたくさんついてきます。
無料セミナーを開催したり海外から香港に進出する会社を全力でサポートしてくれます。

CONPAK CPA」も香港での会社設立をサポートする会社です。
こちらも非常に質の高いサービスを提供してくれていて多くの利用者がいます。

財務コンサルタントサービスなども行っているので、住み慣れない香港での経営を徹底的にサポートしてくれます。
香港以外の国にも幅広く対応している会社なので、経験や実績が非常に多い点も安心して依頼できる要素となるのではないでしょうか。

この他にも代行業者はたくさんありますが、香港での営業を成功させるためにはこの業者選びもポイントとなってきます。
今紹介した会社は大手ですが、小さな代行業者でも信頼できる優良業者はたくさんあります。

こういった情報はインターネットで収集することもできますし、書店で書籍を手にして確認するのも良いと思います。
書籍には実際に香港で会社設立した人の経験なども掲載されていますので、どういった代行業者を利用してどのようにして成功したかを知ることもできて非常に参考になると思います。

海外に自社を展開するというのは非常に難しいようにも思えます。
実際一人で何もかも行うというのはつらいこともあるかもしれません。
しかし代行業者という存在があれば、乗り越えていけるのではないでしょうか。

香港会社設立 利点

いろいろなパンフレットがある

・世の中には数えきれないほどのパンフレットがある

街に出てみると駅やショッピングモール、飲食店、その他にも様々な施設にパンフレットが置かれています。
パンフレットは基本的に無料であって、自社のサービスを伝えるため等に用いられることが多いです。

例えばホテルの場合は、自慢のお風呂や豪華な客室、贅沢な素材を使ったご飯などを紹介していたり。
パンフレットを見てくれる人が魅力的に感じてくれるようにデザインにこだわっていることもありますよね。

いったいどんなものが街に置かれているのか気になるという方は、家から出て歩きながら探し回ってみてはいかがでしょうか?
今まで知らなかった新たなお店やサービスを知ることができて、充実した毎日を送ることができるようになるかもしれませんよ。

・印刷物は生活の中に溶け込んでいる

パソコンやスマホでネットを気軽に利用できるようになってきましたが、実は今もパンフレットなどの印刷物は我々の生活と密接なかかわりがあります。

家のポストに出前をしてくれる飲食店のパンフレットや住宅展示場などの印刷物が入っていることもしばしばあります。
ITが当たり前になった今でもパンフレットが活躍してくれているのはうれしい限りです。
ホームページやメールでは伝えられないようなことも見る人々に伝えてくれるのかもしれませんね。

・一般人でも作ることができる

そんなパンフレットですが、もしかすると「私もパンフレット作成したい!」と思うようなこともあるかもしれません。
そんな時には自分で作ってもいいのですが、いろいろと大変です。

デザインについてもそうですがパンフレットを印刷できる機械など、普通は持っていないでしょうから。
でも安心してくださいね。これらを印刷してくれたりデザインしてくれる業者は、一般人からの依頼も快く受け入れてくれますから。
子供のスポーツチームのパンフレットや町内会のイベントに関わるものなど、どんなものでも作ってみましょう。

今現在サイト制作中なんですが、サクッとパンフレット作成というサイトは注目です。
完成したら是非覗いてみて下さいね。

タイムカードが規律を生む

タイムカードがもたらしてくれる物は多々あるのですが、規律もその一つに数える事が出来るはずです。
「規律」と聞くと大げさなものを連想するかもしれませんが、規律というのは大げさなものではなく、かといって小さな物ではなく、会社組織に於いてとても大切で重要なものでもあるのです。

タイムカードを打刻しなければならないのですから、定時に来るようになるものです。
例えばですが、もしもタイムカードがない会社であればいつ出勤しているのか解りません。

そのため、常に遅刻している人もいるかもしれませんが、タイムカードがなければ遅刻の事実を記録するものもありませんので、遅刻しているのかどうかさえ解らなくなってしまうのです。

遅刻しているのであれば注意の一つも出来るのですが、本当に遅刻しているのかどうか。
気のせいな可能性とてあるのです。

ですが、タイムカードでしっかりと確認しておけばそれらの間違いを起こすような事もありません。
従業員としてもタイムカードに打刻しなければならないというのが遅刻しないための動機になる可能性もあるのです。

更に、タイムカードを見れば労働時間を簡単に把握する事が出来ますので、残業が多い人ですとか、遅刻が多い人など、とにかく勤怠状況を客観的に理解する事が出来るようになるのです。

こちらもタイムカードがなければなかなか簡単に把握する事は出来ません。
ついつい後回しになってしまうケースもあるはずですし、あやふやなまま、社員の不満だけが募り、会社の雰囲気があまり良いものではなくなってしまうという可能性すらあるのです。

タイムカード一つでこれらの問題すべてに訴求する事が出来るようになるのですから、如何にタイムカードが様々なものをもたらしてくれるのかが解るはずです。

あまり意味がないものなのではないかと思っている人もいるようですが、実際にはタイムカードのおかげで様々な事が可能になっていますので、とても大切なものなのです。

 

本日のピックアップ

フリーウェイタイムレコーダーは、10人まで永久無料のクラウド型のタイムカードです。
スマホやICカードを使って打刻できます。
⇒詳しく

タイといえばニューハーフ

タイというとやはり、ニューハーフの方が非常に多いイメージを持ってしまいますよね。
そして、そのニューハーフの方々が非常に綺麗で、本当に女性にしか見えない方が多いこと。

実際にタイでは性転換手術の件数が非常に多く、性転換手術を専門とする医師も多いですし、やはり症例を重ねることによって技術の方も向上されていっていまるようです。

また、日本を含む先進国と比較した場合に、手術費用が安く済むために、海外からの手術希望者が年々増加しており、医師の症例数の増加にともない、医師の技術が上達していく。という良い方向へのサイクルが出来ているのも理由の一つではないでしょうか?

日本でニューハーフというと夜の仕事もしくは、タレントさんと決まったイメージしか無いような気がするのですが、実はタイでは昼間に普通のお店や一流ホテル、デパートなどの化粧品売り場などで普通にニューハーフの方が仕事をしています。

タイという国が、ニューハーフの方々に対して差別というか偏見の目で見ていないのは、すごく良いことで素晴らしいことなのですが、実際にはやはり働く際に差別までは行かないが、若干の冷遇はあるようです。

ニューハーフよりも女性、女性よりも男性の方が良い給与をもらうという給与体系があるようで、ニューハーフ系の人が高給を望んだ場合は、やはり夜の世界を仕事場とすることと、やはり見た目が綺麗であればあるほど働ける場所も増え、高給を得ることが出来るようです。

ですから、最初はオカマ(女装)から始まった人でも、高給を得るために豊胸手術へと進み、さらにもう一段レベルアップするために(ここはお金の問題だけではなく、本人の意向もあるのですが…)最終的に、性転換手術を受けて、再出発するという流れがあるようです。

 

タイのビジネス情報

タイ(バンコク)の求人・転職・就職情報。タイでお仕事を探している方は今すぐアクセス。
タイ求人